×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

炭の古道迷走&リベンジ編

2008年9月23日(日)2人 天候

手術後で腹筋がかなり落ちてるんで(もともとないけど)体を少しずつ慣らすべく、リハビリ登山にいってきました

今まで2度いけなかった炭の古道&天ヶ峠
コースはこちらのHPを参考にしました
今回はリベンジ!!

まずは登山口へと車でいく
そして7時に登山開始!
天満というところで炭の古道に合流
あとは、前回進んだ方向にいく

しかし、、、ピンクのテープを追っていくも途中でわからなくなり同じ道をいったりきたり。
小一時間迷いまして、どうしようという話をしてたところ、、下から声が、、、、
うちらが道なき道でまよっているのをみて「ちがうよー」
おしえてくれました
そして、天ヶ峠までご一緒させてもらう
しかしやはり途中で道らしき道がなくなる。
すると、、、いきなり急登!
GPSや地図を駆使して「こっち」「合ってる」とか言いながら、すごい・・・
私たちはぜーはー言いながら急な斜面を追いかけて登って行きました
で、登りきったところでようやく、天ヶ峠到着
…まるで登山だ…(当り前か)
10時頃到着
何が良かったって?そりゃ、天ヶ峠がこんなところとは思いませんでした。たぶん二人でいったらここと分からずに通り過ぎていることでしょう。
いいや、たぶんここまでたどり着いてない?!
本当にありがとうございました
話をするとエントツ山から四国の山へのHP主さんでした!
いつも参考にさせてもらってます

びっくり!

みんなが指さしているところが、天ヶ峠の印のところです

…絶対にわからんし、、、
ここで3人とはお別れし、お昼タイム
ラーメンを食べました
ガスコンロでお湯をわかす
この瞬間、楽しい

お湯でラーメン2人前とコーヒーを入れる
11時、さて下山
這い上がったところではなく、ちゃんと古道のある道を通ってみる。行きに通ってないのでドキドキしながら下山

この花、上のほうでは結構咲いていました
なんだか好きです
りんどうもさいてました
これがきれいだった〜
しばらくはきれいな古道
石組みの道をあるく
ここって、「入らずの関」の大岩?
ようわからんけど、大きい岩だったんで登ってみました
木々が鬱蒼と茂っており、見晴らしはいまいちでした
アザミっぽいのも咲いていました

あれ?というくらい簡単に下山できました
迷ってたところはもう少し上にあがれば道があったようです。
登るときは全然、わからなかったけど…

13時、下山しました
よかった〜