×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

満月と石鎚 そして東稜へ                       2009年10月4日

土曜日は満月
ということで夜中に瓶が森到着し朝ご来光と月をみることに
車の中は寒くて寝袋と毛布でもガタガタ
もうさむいです
瓶が森の男山へご来光をみに上がる
石鎚と月
きれいです
夜が明けてきました
太陽のように見えるのが月
光が強くなってきた
だんだん月が沈みます
月が沈んでるところ
赤くなって消えて行きました
石鎚も姿をはっきりとみせだす
光が当たると紅葉がきれい
ご来光!!
この景色
最高です
雲海も見えます
すぐ下山して石鎚へ
土小屋へ向かいます
土小屋はいっぱいで下の駐車場に停める
こっちのほうが、アクセス楽なのねー
階段を上って石鎚山荘を横切って登山口へ
7:15くらいかな、スタート
登山大会ってのがやってて、高校生がたくさんいました
雲海はまだきれい
天気は最高
人も最高に多い
ドングリ
まだ青い
なんかわかんないけどかわいい花
上のほうちょっとだけ赤いかな
まき道を行くつもりでしたが、鎖を使うそうで
死にそうでした
めっちゃこわかった
瓶が森

ちょっとぐったり
また鎖
こちらは足がちゃんとかけられるので精神的に楽でした
あとちょっと
頂上
ひとでいっぱい
天狗岳の紅葉もピークがすぎた?
今年は紅葉いまいちだそうです
久々に天狗岳に行きます
ちょい怖いのよね
頂上社を振り返ってみる
山の影がうつる
天狗岳
天柱石だそうです
すごい
鉛筆みたい
墓場尾根
高所恐怖症なんで足がすくみます
垂直に近い状態で登っていく
上から見た墓場尾根
大砲岩
墓場尾根までいきました
怖くてここまでしかいけず
帰りは東稜から帰る
かにの横ばいをとおって下山
こういう景色もはじめて
一気に下りました