×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第2回三瀬 「ざっといかんばい」林道マラソン2004(フル)

今日はもう、走るまい、ちょっとだけ走ってすぐ戻ろう、、と思っていたのに全部走ってしまった‥。本当は10キロか16キロのショートカットにしようと思ってたのになあ。。
先週四万十100キロ走って疲れがたまってるだろう、故障が怖いなあと思ってたのでこわごわだった
(でも、しっかりTシャツは四万十の真っ赤なTシャツでした)
会場にいき受付をすませる。ナンバーカードは番号の下にメッセージがかけるようになってたので「今日は本当にざっといかん!ビールが飲みたい」と書く。
ボチボチ知った顔の方が集まりだす。
ぐるっと見回すとウルトラ走ってる人ばかりのよう‥

スタートは郵便局の横。スタートのところでさらに知り合いとあって話が弾む。そうこうしているうちにスタート時間がくる。なんと一番前に立ってしまった‥。
コースは、Y字になってて(ちょっと変形の)ひとつの山道を登って折り返してからもう一つの山道を登って折り返してくるという本当にざっといかんコース。
今日はスピードは絶対に出さずに走ると決めていた。制限時間が6時間だから時間全部使って走ればいいかな?ってな感じで、そんでもって無理だったら収容してもらおうと思いながらスタート。写真を撮りながら走ると決めたのでちょこちょこと止まりながら撮影。
5キロ通過、なかなか?10キロ通過、大丈夫だなあ、、と思いながら走る。大体キロ6〜8分
私と同じくらいのペースの人と話をしながら走る。めっちゃ楽しい!
途中のエイドでは、最近福岡から明石まで走られた田中さんがボランティアをしていた。 
ゆっくり走ると余裕で話ができる。折り返してきたランナーを撮影したり、途中の滝をうつしたり、あっちフラフラ、こっちフラフラ‥
どこでも収容してもらう覚悟だったので余裕かまして写真取りまくりでした。ひとつめの折り返しをこえて戻る、この折り返してからの道が長かった〜。戻る途中、ウルトラを走っているというおじさんと話をしながら併走。(四万十Tシャツで話すきっかけゲット、ラッキー)
併走したおかげできつさを感じることなく二つ目の山道へと入る。ここが、かなりきつかった。
私は最初からのぼりは歩き、下りはゆっくり走るときめてたので歩きながら写真を撮る。でも他の人も上りはきつそうで、歩いてる人が沢山いた。
折り返して戻ってくると最後の7キロ、ここにくるとあとちょっとという感じ。
応援の女性が「私去年四万十走った」といってたのでそれで話が弾む。
ちょっと話をして別れる。
そして、ラスト500メートルだけちゃんと走った。
ゴールは今度はちゃんと写真が撮れるように超スローモーションで笑顔を作ってゴールした。あらら、全部走れてしまった。。
ゴール後の豚汁はめっちゃおいしかった。

ランザローテの店長さんはすごいスピードでフルを走ってお店をやってた。すごい‥

大会の関係者で車で回ってた人から「あなたは、最初から最後まで楽しそう〜にニコニコ笑って走ってましたね」といわれた。うーん、そうだったかな?
なんだかいろんな知り合いが増えた大会でした☆

距離(km) ラップ スプリット
5 30'06 30'06
10 36'32 1:06
15 34'49 1:41
20 35'59 2:17
25 38'03 2:55
30 38'50 3:34
35 42'05 4:16
40 41'57 4:58
41 5'51 5:04
42.195 10'16 5:14

コースの写真はこちら

ざっといかんばいの写真はこちら(パスワード付きです。見たい方、メールで尋ねてください)