×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第14回四万十川ウルトラマラソン(60キロ) 高知

いよいよ四万十川ウルトラマラソンです
先月9月に手術をして、今まだ貧血もなおってなくて、出るのはやめておこうかと思ってましたが、「行けるところまで行ってみよう」と参加を決意

先週そういや、交通事故でオカマもほられて、さんざんの出だしでした


スタート地点はこいのぼり公園
車で向かっていると選手の姿がみえます
今見える選手は速い選手です
スタート地点
同じランニングクラブのDさんが福岡から参加
練習はバッチリのようです

そうそう、彼は入賞しました!おめでとうございます!!!
この写真、タイガースのウェアを着ている人が撮ってくれました。旦那「笑顔がたりん」と言われてました
天気は霧がかかって曇りでした




…スタートまでは
開会のあいさつ
ドラえもん発見
この方は24時間駅伝で隣のテントでした
ちょっと話をしました

覆面禁止だったので陸連の人から怒られたそう…

いよいよスタート
まず心配だったのは走れるかどうかでした

なんせ、全然走ってなかったから


…走れました
おなかも突っ張るけど大丈夫
たぶん前を走るのはUMMRの管理人さん
今はウルトラ走れてないので声をかける勇気がなかった〜
鉄橋を渡ると100キロと合流
この時点で、100キロの人はすでに40キロを走っています
コスモスが咲いててきれいでした
あちこちに咲いてる
うっ!
ドラえもんに抜かれた

ドラえもん、快調に駆け抜けていきました


…もう二度と会えませんでした(涙)
コースはほとんどが森の中を走るような感じで日陰があって割と走りやすい
練習していれば60キロって完走できるコースです
練習していない私はきついのなんのって
10キロ経過
ここで旦那発見、抜いちゃいました

旦那曰く「おめえ、まだ走りよるんか」
もうリタイアしてると思ったそうです

確かに練習不足が如実に出ててなんと今まで経験したことない5キロすぎから足、だるくなってきました
こんなことは初めて
脈も走り出すとすぐ150超えるし


ヤバいなあ
エイドは2.5キロごとにあって、それが楽しみ
次のエイドでは何を食べようかと考えながら希望をつなぐ

半家の沈下橋!!
ここを往復
ここは最高に気持ちがいい
元気に走れる
ここら辺はまだ大丈夫、、ってまだ15キロですが
2,3日まえに雨が降ったらしくかなり水量が増えて流れも急でした
沈下橋を越えると鉄道を横目に見ながら山を登っていきます
60キロは最初で最後の山ですが100キロの人は2つめできついです
だんだん登っていきます
四万十川が小さく見えます
ここが峠です
下っていきます
下りは快適ですが、走ってないのでなるべくダメージ少ないようにスリスリと走る
ようやく下ってきました
あの橋の手前が関門です
関門余裕でクリア
なんか、欲が出てくる

…もしかしたら、ひょっとしたら完走できる?
気合入れて走ります
おなかのツッパリ感もわからなくなった
えっさ、ほいさとはしっていきます
川を横目に見ながら走るので気持ちがいい
結構観光気分で走っていたかも、、
オカリナのおじさん
今年はポニョを奏でていました
20キロのラップです
関門クリアー
カヌー館です
ここ100キロ走者の荷物置き場であって更衣したりします。
エイドの食糧も豊富です
塩をたっぷりつけておにぎりを食しました
レモンも頂き満足

救護所には肉刺を作った人やけがをした人が処置してもらってました

アイシング用の氷があったので、一袋いただき防止帽子の中にいれてスタートしました
まだ22キロなので体力はあります
ところどころ川をわたる
ここは普段は工事中で終日通行止めらしい
岩間の沈下橋
ここはわたってそのまままっすぐに進む
沈下橋を渡りまっすぐすすむ
もうちょっと先の橋の手前は、シャワーを出してくれる家があった
そこでは大量の梨を一口大に切ってくれていて、それをいただいた。
めっちゃくちゃおいしくて元気が出た!!
ありがとう!!
橋を渡ると次の関門です
ここもクリア

しかし、、、ここでペースがガクッと落ちてくる
少し走ると息切れ
足はパンパン


…足は本当に今までと違い、筋肉がなくなってるのを実感
上と下のタイムを見ればわかるように、たった8キロにこんなに時間がかかってます

この先で旦那に抜かれる
旦那に「完走せな、いかんよ!!」といって別れる

その後一歩も走れない状態になりました
でも行けるところまで行きたいので先に先に進みます
練習不足で足はいたくて、痛くて、足の裏も麻痺してるような感じですが、とにかくいけるところまで行こうと思いました
周りも歩いてる人がいます
救護の人が「大丈夫ですか」と声をかける
「大丈夫です」と進む

給水所にバスが来ると誘惑にまけそうなので早々にスタートしてました

「お疲れ様です〜バスに乗ってください〜」

ええっつ!!!
まだ時間あるやん!
と思ったら、、、、、


…私ずっと関門の時間下のほうのと思ってました
よく見ると先の関門のタイムじゃん、、、、、


がくっつ

今年の四万十川の岩間の沈下橋を渡っている時の写真です

はい、体重オーバーですな、、明らかに…
あと、腹筋が使えないのでかなり猫背です

でも、今回は何となく満足です
今の実力は全部出し切りました
痛くてきつくて意識朦朧になりながらも、先に進んだし。
今は100キロは遠い話ですがいつかはまた走りたい
で、

今回一番感動したこと


旦那がゴールしました!!
制限時間の10分後ですが
本当に感動
あのヘタレの旦那が、一生懸命走ってゴールまで来た!
すごくうれしかったです

なんやかんやでしたが、楽しかったです