×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第二回長崎ベイサイドマラソン&ウォーク

11月1日の朝バスセンターでバスの予約をしたが、受付の女の子がおもっきし研修中の子でなんと!信じられないことに、時間かかりすぎて1本バスを逃してしまう(何十分かかってんのや!)周りの人も助けたったらええのに、、、ちょっとムカつく。
昼に長崎に到着。今週は全然走ってなかったのでちょっとは運動しとかなやろ〜と思って駅のコインロッカーに荷物を置いて、稲佐山に行く。駅からテクテクと歩いて頂上まで。登山道(車も通れる広い道)を上っていく。途中おばちゃんとかが、『バスがあるよ』と親切に言ってくれる。中腹あたりで下を見るとえらい見晴らしがいい。でも天気がわるいねんな〜。
そこで写真をとっている外人に遭遇、ちょろっと話したら彼は前日の夜に稲佐山の頂上にいって夜景をみたそうだ。すごい良かったよ〜と言ってた。
上り続けて頂上へ。頂上は見晴らしよかった!(天気がよければもっと良かったと思う)到着してしばらく景色をぼ〜っと眺めてた。人はほとんどいなかった。でもいい運動になりました。

11月2日
朝7時半過ぎくらいに会場にいく。会場はもうすでに人がかなりきていた。ちょうど陽が昇っているときで、なかなかいい風景だったが、デジカメを出そうと探しているうちに曇ってくる。。どうも私は日ごろの行いが悪いらしい。
ぼちぼちスタートの準備をしようと荷物を預ける。預けた後ウロウロしてたら私を呼ぶ声が聞こえる。国東の大会にでてたROMさんだった。(でも今回名前わかったもんね)
国東は残念ながらリタイアしたそうだった。彼は地元だから知り合いがたくさんいるということで 色んな人と挨拶をしていた。
そのうちギンさん、ジャッキーさんと会う。うーん、遠いところで知っている人に会うのってむっちゃうれしいなあ。
いよいよスタート。すごい人数でスタートしてもなかなか走れないってか抜かせない。道が狭いのでなかなか前にいけずで、もちょっと前に立っておけばよかったと後悔。。
しばらくしてようやく少しずつばらけてくる。大体キロ5分ちょっとで走れればいいかな?と時計を見るとまあ、なんとかそのペースになってた。でもこのまま10キロも持続できるんか?
橋を渡るところがちょびっとだけ坂(?)になっていた以外はほとんど平坦。折り返しに近づくとジャッキーさん、ギンさん、ROMさんと順にすれ違う。皆速い、、、
ひまわり?のコスプレをしている人が後ろからやっていって軽々抜かしていった。あれで、旗もって余裕で走ってるのでびっくり。折り返したところでどうやら仲間の人に会ったようで挨拶をしていたが、その人はバレリーナの格好をした男性。。うーーーん、すごい。でもちょっとうらやましい・・・。いよいよ7キロをすぎたところで息があがってくる。スーハーハーで普段息してると思うんだけど、スーハースーハーになってやがてすーはあ!すーはあ!と吐く息おもいっきり声でてた。間違いない。だって私が走ってたら振り向いてたもん。
最後の最後のワーフでゴールした安部友恵が戻ってきた手をおもっきし振ったら『頑張ってください』といわれた。うれしい〜!!
ラスト曲がって会場に、、あれまだゴールちゃうんかい?スタートのところがゴールとのことでぐるっと回ってゴール。ゴールは渋滞しててゴールしたとたんに並んで順番のカードを貰うのに止まらないとあかんかった。横ではひっくり返ってる人がいたりして、ごちゃごちゃ。
タイムは、、時計止め損ねたけどたぶん51分台でした。ホッ

距離(km) ラップ スプリット
2 10.20 10.20
3 5.08 15.29
4 5.21 20.50
5 5.14 26.04
6 5.08 31.13
7 5.00 36.13
8 4.51 41.05
9 5.50 46.56
10 5.29 52.25

なかなかいい場所でした!