×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国東半島100kmマラソン大会

9月27日
50キロ走った後一人で帰れへんかもしれんからということで旦那が運転手をしてくれることになった。でも朝パチンコにいってなかなか帰ってこん!痺れを切らして電話すると『確変やねん』でた〜!!これだとしばらくかえってこない。いっつもそうやねんなあ〜と思いつつ、なんとか1時くらいに帰ってくる。高速を使わずに下道で3時間くらいで着くやろうということやったけど、実際3回くらい道を間違えてごっつケンカ。結果六時間半もかかった!!
ついてすぐ手続きする。TシャツはSでも結構大きくてなんとなくうれしい。私がSサイズ?うしし。この日はパーティがあってバイキング形式で色々食べられる。カーボローディングを意識しているのかパスタ類が多かった。旦那も参加にしてたので一緒にいったが『俺走らんのに行ったら絶対走る話される〜』といってたが予想通り聞かれていた。ビールをハイエナのように探して飲みまくっていた。。はあ。

9月28日
朝3時に起きる。まずバナナとパンを一枚食べてから行動。
今回は故障したくないのでいろいろとグッズをそろえてきた。外反母趾サポーターで母趾の付け根の痛みが取れないかと思い、履く。うん、なんとなくよさそう、さて靴下履くか、、、と思ったらあれれ?5本指ソックス、入らない、、常識で考えてそうやねんけど、うーん、強引に履いてみる。ゆ、指がキツイ、、、かえって痛い。
ここで究極の選択、5本指を履いてマメを予防するか、サポーターをつかってふつうの靴下を履くか、、、結局5本足を履くことに決め、サポーターは却下。
準備万端でホテルを出る。私の泊っているところから会場まで1キロくらい、、、忘れていたが、3時過ぎってまだ真夜中やねんなあ〜。明かりもない暗闇で恐々と歩く。あまり怖いので空を見ながら『オリオン座きれいやなあ〜、いっぱい星みえるなあ〜』とぶつぶつ独り言をいって歩く(怖い?)
会場に到着するともう数人はきていた。出走手続きが開始になってすぐ手続きをする。その後masainさんを探すが見当たらないのでまだ早いかな?と椅子に座って待つ。しばらくするとmasainさん登場!。話をしてたらもう一人『こんにちは』と。。ROM専の方だそうで、でもなんとなく心強く話をしました。私以外は100キロとのことでした。
いよいよスタート! 走り出すが真っ暗で足元みえないしなんとなく怖い、、怖いなあ〜と思っていると携帯の目覚ましがなる!!心臓に悪い!携帯の電源けしてても時間になったら勝手に電源はいるねんなあ〜と感動。でもうるさかったので速攻削除。
masainさんと話をしながら進んでいく。私が足おそいので申し訳ないんだけど、25キロくらいまで一緒に走る。途中色々話をしてたらきつくなくてよかった。おまけにロケーションは最高で朝日が水平線から昇っていくのは感動的!おまけに海沿いなので潮風が気持ちよい。しかしここで、私の弱点登場!坂だけじゃなくて向かい風もあかんかった。向かい風で足踏みしてるような走り方になってもーた。でも景色がいいと走っても気持ちいいなあ〜と感動。しばらく並走してもらったmasainさんとも25キロ地点でお別れ〜。(私がトイレで)
一人になってちょい心細かったけど、走ってる人たちと話しながら気を紛らす。エイドでサツマイモのお饅頭があってそれがむっちゃおいしかったなあ〜。
あ、反省点として私、今回全てのエイドでとまりました。そしてエイドのおばちゃんたちと話大分しました、これってかなり時間のロスですよね、、うーんおしゃべりたのしかったからいいとするか?
今回ひざかんたんをかってきて説明書通りに貼ったんだけど全然よわくてあまりテーピングになってなかった、、、うう、ちゃんとテーピングの勉強すればよかった。
30キロくらいから足の痛みなのかつかれなのかだるさがでてきて、エアーサロンパス使用。ごっつ気持ちいい。
いよいよ坂道を上る。最初走ってたが、急になった時点で歩く。。でもこれじゃあかんやろと心理作戦(?)これは登りにみえるけど実は目の錯覚でフラットなんや、、、と言い聞かせる。。。あかん、きついもんはきつい。心理作戦失敗におわる。
上り坂を時々歩きながら、くだりで一気に加速、、(あかんなあ〜)皆に『くだり速いですよね』といわれる。
45キロくらいの地点でリタイアしてる人にあう『もうちょっとですよ』といったが『もう今年はあかん、頑張ってね』といわれる。キツイねんなあ〜・。・私もキツイもん。。
48キロ地点で折り返してきたmasainさんと会う。やっぱ速い!『五時間台でゴールできるよ』といわれ俄然元気がでる。幸い道は下り坂、、一気に下って走る、走る、、、旗ふっている人がいてそこを曲がるとそこは役場でゴールは目の前だった。『着いたんですね!!』もう感動で涙がでて、おまけに声まで出て、『ふえ〜』と泣きながらゴールしました。
ゴールして感動してたらどなたかが『あんた、すごいよ、ようがんばったよ、後ろからみとった』といってくれて又感動。
涙でグシュグシュになってたけど、ゴールの写真ほしいから近くの人に撮ってもらう。
もうゴールだけで感動感動!
その後温泉にいって、表彰式とパーティ。銅メダルもらっちった。
パーティでは色々な人と話をして、あっという間に時は過ぎ、帰りのバスの時間。
住吉浜リゾートパークまで帰ってる途中でmasainさんと会う。(速い!!)
スタートの場所で解散して終了でした

おまけ 帰りに運転手になってくれるはずの旦那は睡魔にかてずに私が運転、、、意味がなかったぞい!!


でも、3位といっても、実は、、、

↓走ったコースの地図

←泣いて思い切り不細工に磨きがかかってます。