×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

28回 横島町いちごマラソン大会(ハーフ)

前日は雪がチラチラしていたので、どない寒い日になるんか?と不安やった。
しかし当日はお天気でした。
ゴール地点ではイチゴのバルーンがぷかぷかと浮いてた。
受付を済ませるとお米と貝汁とおにぎりの券をもらう。ラッキー
旦那も今回ハーフに出場。
RCのメンバーから電話があって集合。なんと666番という番号ゲットしてる、なんか羨ましいぞ〜。
少しだけアップしてスタート地点へ。
今月の私の走行距離は忙しくて走る時間が取れないわ、風邪引くわで100キロ越えてない。不安たっぷりでスタート
今回はハーフの参加者が830名でめちゃくちゃ混雑。最初はその混雑集団についていく。
旦那は即捨てていく。(ごめんねえ〜)
最初は民家の間を走っていく。2キロくらいのところで川の横を通るのだが、そこのエイドにはイチゴとプチトマトがおいてあった。
プチトマトを1個いただく。
そして、走る‥田んぼの間を走ってビニールハウスの横を過ぎると今度は堤防の横を道沿いに走っていく。
気候は最高に良くて走っていても、とても走りやすい。
5キロをすぎたところでナンバーカード666に抜かれる。なるだけ彼について行こうと頑張る。8〜9キロあたりで先頭集団が折り返してきた。
噂どおり先導者は郵便局のバイクだった。なんかほのぼの☆

漁港を過ぎると海が見える。凪だった。ダイビングしたいなあ〜と思いながら進んでいく。ようやく折り返し地点。
折り返しのところですぐ666番に会う。「2時間切れますよ〜」とのことでちょっと嬉しくなる。
よっしゃ、もうちょっと頑張ってついていこう、、と思ったが12キロ辺りでペースについていけなくなり、見失う。
時計を見るとなんとかまだ大丈夫っぽかったので、なるだけペースを落とさないように頑張ろうと思う。
また元来た道を戻っていく。途中「歩きたい〜」と思う気持ちと戦うのが大変だった。横で歩いている人がいると、つい自分も歩きたくなる。
なるべくまわりに影響されないように空やら雲やらを見る。
18キロ辺りでタイムを見ると本当に2時間切れそう。もし切れたら皆に言いふらそう〜とか、ゴールしたら何をしようとか、いろいろイメージを膨らまして、現実逃避する。
いよいよ最後の2キロ。イチゴのエイドだったけどここは通過して、最後まで走る。
いちごのバルーンも見えてきた。あとちょっと‥
ゴール地点の横を通り迂回してゴール。相変わらず、最後だけダッシュした。
時計を見ると2時間切れてる〜!!やった〜
ゴール後はへたり込んでしまった。
ほっ

距離(km) ラップ スプリット
2 11.09 11.09
3 5.08 16.17
4 5.23 21.41
5 5.20 27.01
6 5.20 32.22
7 5.24 37.47
8 5.21 43.09
9 5.06 48.15
10 5.34 53.50
13 16.03 1.09.53
14 5.52 1.15.46
15 5.35 1.21
16 5.36 1.26
17 5.56 1.32.54
18 5.58 1.38.52
19 6.09 1.45.02
20 5.48 1.50.50
21 6.28 1.57.18

ハーフの折り返し地点が55分55秒でした。後半失速ですねえ