×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

前日に車で会場まで
結構遠い

コース案内の車に乗り、バイクのコースを回ると、すっごいアップダウン

かなり不安になる

競技の説明会に出る
「ドラフト禁止」ってなに?と質問しあきれられる
バイクのコースは猿が出るかもしれないので注意とのこと
小亀を海に放流です
海に向かってまっしぐら…でもなかった
じっと止まったままだった亀もいた

でも波に飲まれながら消えていった
いよいよ朝!
今回は国東のときの失敗が頭を常によぎってて不安ばかり
スイムが終わったらバイクが本当に問題

バイク用のパンツを買ったんだけど、これがXLででかい
とりあえず、バイクのときだけはくようにする
パットは股のところにでっかくあるんだけど、これが、XLのせいかオムツのようにでかい

これで走るのは不可能…
ちゃんと試着してかえばよかった
(でも会場のって試着できないよね)
ウィダーがういてます
旦那はウィダーガールを激写してました
以下は旦那撮影
いよいよスタート地点へ
わたしゃ、ドキドキですよ、なんせ前スイムがドベのほうだったし
足が攣らないようにストレッチは入念にする
波がめっちゃ高いので海から川のほうに進むコースへ変更
いよいよスタートです
バトルに会わないように後ろからでる

しかし〜!!今回はちがった
人数が多いせいか常にバトル
コースはなるだけはしのほうに寄ってたんだけど、結構人が多い
頭殴られたり、足たたかれたり、これまたすごい
コースは1.5キロ実際にはなかったそうですが、折り返しまで速くいける。
そんでもって、帰りは流れがあるのか結構速くもどってこれた
私の時計では39分でした
おおっつ?後ろを向くと人が沢山いた
うしし

…しかしこのあとバイクでごぼう抜きされました
バイクの写真なし
のぼりは「軽いギアをなるだけクルクル」とブツブツ言いながら登ってました
あっというまに、沢山の人から抜かれて殆どドベのほうになってたと思う。
折り返しのタイムはクリアー(余裕というのかわからんが)
帰り、せっかくのチャンスの下りに猿の親子がでました、わざわざ一列になって横断してくれました
その間、止まって待つ… もったいない
バイクでもどってきたときに、12時00がランのスタートの制限だと思っていたので「もう駄目?」と思いながらもどる
そしたら「13時が折り返し地点なんで、大丈夫ですよ」
ほっ、一時間勘違いしてた
ここで、バイクのパンツを脱ぐ、、そしてラン用の短パンをはく予定でしたが、、、雨降ってて履きにくそうだし、時間もないので水着のままスタート
そのため、まるで昔懐かしのブルマー姿のような格好で走りました
ランは最初バイクからおりるとなんとなくギクシャクして走りにくかったけど、これだけは不安がない。
止まらなければ大体「キロ何分」ってのが予想がつくから

で、キロ7分から落ちないように走る
そしたら、バイクで散々抜かれたけど、何人か抜き返すことができた。
ドベではないけどほぼドベあたりでゴール
多分4時間15分くらいでした
なんせ、ラップもなにもかもとる余裕がなかった〜

めっちゃうれしかったっす

第8回 ひわさうみがめトライアスロン